早期英語教育

近年小学校でも英語教育が導入されるようになり、文部省は現在小学5.6年で行われている外国語活動を正式科目として小学3年に前倒しする方針を固めたそうです。
中学から大学まで10年間英語を勉強しても、それで英語を話せるようになる人はまずいません。
読み書きができても話すには英語の微妙な発音の聞き分けが必要で、そのためには早期英語教育が必要だという判断なのでしょう。
これに関しては実際に施行されてみないとなんとも言えませんが、まだ日本語の教育が完全でない状態で外国語を教えることが果たして効果的なのか。
いたずらに混乱してしまうだけのような気がしないでもありません。
詰め込み教育からゆとり教育へ、そしてまた詰め込みへ。
そこに子供たちの立場にたった理想があるのか、いささか疑問です。