自己破産か民事再生か

借金の額を減らす、返済義務をなくす、という債務整理の方法に、自己破産と民事再生があります。
自己破産をすると、住宅や高額なものも処分しなければならなくなります。
そのかわり、借金についての返済義務はなくなります。
民事再生は、借金の額は減額されても住宅はそのまま残りますが、3年間で借金を返済しなければなりません。
住宅ローンも残っているわけです。
どちらの方法をとるかは、借金の合計額がいくらであるかということから違ってきます。
また、任意整理という方法もあります。