「埋没毛」を予防しよう!

傷ついて硬くなった皮膚の下から出てこられない体毛が、仕方なく皮膚の下でニョキニョキと伸びてしまう「埋没毛」。
自分で見ていても、あまり気持ちのいいものではありません。
埋没症の原因を知って、普段から予防に心がけたいものです。
「埋没毛」が起こる原因として1番多いものは、ムダ毛処理の際に皮膚を傷つけてしまうことです。
特に、乾燥肌の人や保湿ケアを怠っている人は要注意。
乾燥状態の肌は常に表面が硬く、傷つきやすくなっています。
「埋没毛」を防ぐには、皮膚を清潔にすることと十分な保湿ケアが必要。
お風呂あがりやムダ毛処理後には、必ず保湿クリームなどで潤いを補充しましょう。
また、古い角質はスクラブなどで除去し、常に新鮮な肌状態を保つのもポイントです。